弁護士になる為にはどうしたらよい?

弁護士になる為には

司法試験とは

そもそも弁護士とはどんな仕事なのか。
日本に住んでいる日本人は、国内で決められている『法律』を基盤に考えて生活していると考えられる。
そして、その法を犯した者には、それに値する処罰が与えられ、自分の犯した罪に対して、償いをする、という行為が求められる。
しかし、法律と言うものは数多く決められていて、誰もが法律をすべて理解し、行動しているわけではない。
その中で、弁護士と言うものは、数多く存在する日本の法に関して勉強をし、法に関して理解を深めた人が就ける職業だと私は考える。
人と人が同じ空間で生きていれば大なり小なり、問題、トラブルは起こって当然だと思います。
そういった時に、依頼を受けて法律事務を行うのが『弁護士』と呼ばれる職に就いている人達です。
では、どうすれば弁護士になれるのでしょうか。
弁護士になる為には、『司法試験』に合格する必要があります。
司法試験とは、国家試験の一つであり、数ある国家試験の中でも覚えることも多く、最高峰の難易度の試験と言える。
その為、弁護士や裁判官などの法曹を目指す人は、かなりの勉強量を要されます。
更に、司法試験を受けるには、法科大学院を修了もしくは、司法試験の予備試験に合格することが条件としてある為、誰もが司法試験を受ける事が出来るわけではない様です。
どちらかの、条件を達し、司法試験に合格したとしても、まだ弁護士にはなれないのです。
その後、約1年間の司法修習を受け、司法修習試験に合格しなければいけません。
これだけの、難しい試験を乗り越えて合格をしなければ、弁護士にはなれないのです。
それだけ、弁護士になるという事は、難しいことなのかもしれません。


ページの
先頭へ