弁護士になる為には

弁護士を目指す決意

弁護士の仕事

そもそも弁護士とは、基本的人権を守り、社会正義の実現を目指す仕事です。
生活している中で、望んでいなくても、争いごとなどから、法律上の問題が起こることがあります。
しかし、一般の法律を学んでいない方からすれば、法律を理解している方は少なく話がまとまらなくなってしまいます。
そんな時に、弁護士は法律の専門家として、トラブルに対する解決策や、予防方法などをアドバイスしたり、法的手続きを行い問題の解決のサポートをするのが基本的な仕事内容になって来るかと思います。
弁護士の中でも、内容によって種類も違えば、自分の得意とする分野の違いもあると思います。
アナタの得意分野を伸ばし、広げることで、多くの依頼者を助けることのできる弁護士へと成長していくのではないでしょうか。

弁護士になる利点

ではなぜ、こんなにも難しい試験を受けたり、難しい勉強をしてまで、弁護士になりたいと思うのでしょうか。
それは、弁護士と言うものは自由業の一つなので、自分で仕事の時間もコントロールしていける点が挙げられます。
とは言っても、仕事ですので依頼者との兼ね合いなど、裁判の準備などいそが忙しい業務になるかと思います。
次ぎに、仕事の報酬が比較的高額な点です。
料金は自分で設定する事が出来るので、安くすることも、高くすることも可能です。
そのうえ、需要もあるので能力があれば、仕事に困る事も無いでしょう。
最後に、社会的ステータスも高いです。
弁護士業は、職業の中でも信用度トップレベルのお仕事です。
医者や、パイロットなんかもステータスとしては高い職業に含まれるのではないでしょうか。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ